• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーを自作しておられる新郎新婦様も結婚式場や専門業者に依頼される方も、オープニングムービーの最後の締めで利用できるコメントを決めるのに少し頭を悩ませているのではないでしょうか?オープニングムービーはとても自由度が高く、内容は新郎新婦様で様々なので、最後の締めの言葉も自分たちのオープニングムービーらしいコメントを考えていると時間があっという間に過ぎてしまいます。このページではそんなオープニングムービーの最後の締めのコメントに的を絞って、最後にどのような締めの言葉を利用できるのか、また実際にどのような締めのコメントが利用されているのかを例文を上げてご紹介しています。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

“オープニングムービーの最後の締めくくり部分のコメントはどんなものが適切でしょうか?”

先生の見解

“オープニングムービーが終わったというだけで、結婚披露宴はこれからスタートというタイミングなので、披露宴を楽しんでもらえるようなコメントがお勧めですよ。具体的な例を参考にしてみてくださいね。”

結婚式は一生に一度の大切な日。その始まりを飾るオープニングムービーには、お二人らしさを表現することが大切です。最後の言葉で締めくくることで、思い出に残る一日のスタートを切りましょう。

はじめに:結婚式のオープニングムービーの重要性

結婚式のスタートを飾るのがオープニングムービーです。お二人の素敵なエピソードや、ゲストへの感謝の気持ちを込めて、一生の思い出に残るムービーにしましょう。

先生の見解

“オープニングムービーは結婚式の雰囲気を作る大切な要素ですよ”

人気のオープニングムービーテンプレート

先生の見解

まずは無料ダウンロード!差し替えるだけでプロ級ムービーが完成です。パワーポイントには出来ない高度な映像表現が作れますよ!

オープニングムービーが披露宴の雰囲気を作る理由

オープニングムービーは、結婚式の雰囲気を作る大切な役割を果たしています。新郎新婦の歩んできた道のりや、これからの未来への想いを表現することで、ゲストのみんなが一緒に感動できる瞬間を作ります。

結婚式のムービーの役割とその意義

結婚式のムービーは、お二人の愛の物語を伝え、そしてゲストに向けたメッセージを伝える役割を持っています。結婚式という特別な日に、素敵なムービーを通じて、お二人らしさを伝えましょう。

おすすめの結婚式オープニングムービー

テンプレートなら初心者でも簡単にオープニングムービーを作れます。写真やコメントを差し替えるだけで、オリジナリティあふれるムービーが完成しますよ。

先生の見解

“写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです”

オープニングムービーの最後の締めのコメント

結婚式でオープニングムービーを上映される新郎新婦様の多くが、新郎新婦入場前にオープニングムービーを上映されます。そのため、オープニングムービーの最後の締めの部分というのはつまり結婚披露宴の開始を意味している部分となります。オープニングムービーの最後の締めのコメントを考えていく時には、自分たちがどのような入場シーンを迎えるのかや会場に集うゲストの年齢層や趣向を考慮していくと効果的です。具体的な締めのコメントを見ていきましょう。

オープニングムービーの最後の締めのコメント

オープニングムービーの最後の部分は、つまり結婚式の開始です。オープニングムービーの最後の締めのコメントを考える時には大まかには2つの考え方があります。「オープニングムービーと入場を一続きの演出」と考えて入場のアナウンスを行う方向で考えたり、「”オープニングムービー”という1つの演出が終わった」としてゲストへの感謝で丁寧に締めくくるという考え方が出来ます。入場シーンで利用するBGMとの関係性も出てきます。自分たちの結婚式では入場シーンがどのような雰囲気になっていて欲しいのかをイメージしながら締めのコメントを選んでいきましょう。

入場をアナウンスするタイプの締めのコメント

  • 新郎新婦がまもなく入場します
  • 新郎新婦の入場まであと〇秒(カウントダウン)
  • カメラをご用意ください まもなく入場です
  • 今日は一緒に楽しみましょう
  • とても緊張していますが今日は宜しくお願い致します

一旦区切りとしてゲストへの感謝で締めくくるコメント

  • 本日はお忙しい中ご出席頂き 誠にありがとうございます
  • 本日はご参列頂き 心より感謝申し上げます
  • ふたりの為にお集まりいただき 誠にありがとうございます
  • 本日は皆様と共に楽しい披露宴にしたいと思っています
  • 本日はどうぞ宜しくお願い致します

結婚式のオープニングムービーの構成要素

オープニングムービーは色々な要素から成り立っています。自己紹介、家族や友人への感謝、未来への決意等、それぞれの要素がムービーの物語を作り上げます。最後の部分がオープニングムービーでどのような役割をもっているのか、ムービー全体の流れや構成から確認しておきましょう。

一般的なオープニングムービーの内容と構成

一般的なオープニングムービーには、新郎新婦の自己紹介、出会いの経緯、これまでの歩み、そしてゲストへの感謝のメッセージなどが含まれます。また、披露宴で行われるプログラムや余興の予告も盛り込むことで、ゲストに披露宴への期待感を高めることができます。

最後の言葉の重要性と役割

ムービーの最後に続く言葉、それが「最後の言葉」です。これは、新郎新婦の入場を引き立てると同時に、披露宴の開始を告げる重要な役割を果たします。自分たちの想いを込めた最後の言葉は、結婚式を一段と特別なものに仕上げるエッセンスとも言えます。

結婚式のオープニングムービーの最後の言葉の基本的な考え方

最後の言葉を選ぶ際には、何を伝えたいのか、誰に伝えるのか、という二つの視点が重要となります。

何を伝えたいのか:メッセージの中核

最後の言葉は、自分たちの思いや結婚に対する決意を伝えるメッセージの核となります。自分たちがこれから歩む未来への希望や、ゲストへの感謝の気持ちを込めたメッセージを考えてみてください。いろいろな内容をメッセージにして伝えることができますよ。

  1. ゲストへの歓迎と感謝の表明:
    • ゲスト全員に対しての歓迎の言葉を述べる。
    • 出席してくれたことに対しての感謝の気持ちを伝える。
  2. 愛する人への言葉:
    • 新婦への愛情と感謝の気持ちを述べる。
    • 出会った瞬間や恋愛期間の思い出を共有する。
  3. 結婚への喜びと未来への期待:
    • 結婚に対する喜びや幸せな気持ちを伝える。
    • 未来の夢や目標を共有し、パートナーシップの大切さを強調する。
  4. 家族や友人への感謝:
    • 両親や兄弟姉妹、友人への感謝の気持ちを述べる。
    • 支えてくれた人々に対しての感謝と愛情を示す。
  5. ゲストへの参加感謝と楽しい披露宴への期待:
    • ゲストが披露宴に参加してくれたことに対しての感謝の気持ちを伝える。
    • 楽しい披露宴を作り上げるためにゲストの参加や協力を期待する。
  6. ユーモアや軽妙な話:
    • 挨拶にユーモアや軽妙な要素を取り入れ、場を和ませる。
    • お互いの面白いエピソードや共通の趣味などに触れる。
  7. 結婚の意味や絆についての言葉:
    • 結婚の意味や絆についての考えや価値観を述べる。
    • パートナーシップの大切さや結婚生活への期待を述べる。
  8. 最後の感謝と幸せを願う言葉:
    • ゲストへの最後の感謝の言葉を述べる。
    • これからの人生において幸せになることや、ゲスト全員が幸せになることを願う。

誰に伝えるのか:対象者の理解

ゲスト全員が最後の言葉の意味を理解し、共感できるような言葉を選ぶことも大切です。そのためには、ゲストの年齢層や関係性を考慮して、適切な言葉を選ぶ必要があります。

  1. 家族:
    • 両親(新郎・新婦の両親)
    • 兄弟姉妹
    • 祖父母
    • 親戚
  2. 親しい友人:
    • 親友
    • 高校・大学の友人
    • 同僚
  3. 新郎・新婦の友人:
    • ブライズメイド(新婦の友人)
    • グルームズメン(新郎の友人)
    • 友人の家族
  4. 共通の友人・知人:
    • 両家の共通の友人
    • 友人の知人
  5. 社会的な関係:
    • 先輩・後輩
    • 上司・同僚
    • 取引先の関係者
  6. 宗教関係者:
    • 牧師や神父
    • 宗教的な指導者
  7. その他のゲスト:
    • 招待状や招待リストに含まれる人々
先生の見解

誰に伝える言葉なのか?相手は何歳か?など披露宴の参加メンバーの事も考慮してコメントを考えていきましょう。

最後の言葉の選び方:新郎新婦の個性を映す

最後の言葉を選ぶ際には、新郎新婦の個性や結婚式のテーマを反映させることが大切です。

自己表現とゲストへのメッセージ

最後の言葉は新郎新婦の個性を反映させると同時に、ゲストへのメッセージとしても大切な役割を果たします。自分たちの結婚に対する思いや、ゲストへの感謝の気持ちを具現化した言葉を選びましょう。

  1. 「皆様、今日は私たちの特別な日にお集まりいただき、本当にありがとうございます。これから私たちの新しい旅の始まりを一緒に祝いましょう。」
  2. 「これから始まる時間が、皆様にとっても素敵な思い出となることを心から願っています。どうぞ、私たちと一緒に楽しんでいただけますように。」
  3. 「私たちの物語はこれから新たなページを開きます。皆様、これから始まる新たな章を一緒に祝い、そして楽しんでいただけることを願っています。」
  4. 「一人ひとりの皆様がいてくださるからこそ、私たちは今日ここに立っています。これからの時間、私たちと共に喜びを分かち合っていただけますように。」
  5. 「私たちの結婚式に参加してくださり、心から感謝いたします。今から始まる披露宴が、皆様にとっても素敵な時間となることを願っています。」
  6. 「皆様、ここにいてくださり、ありがとうございます。この幸せな瞬間を皆様と共有できること、私たちはとても嬉しく思っています。」
  7. 「皆さんの温かさが、今日この場所を特別なものにしてくれました。これからの披露宴も、心から楽しんでいただけますように。」
  8. 「私たちの新生活の第一歩を、皆様と一緒に踏み出すことができて、嬉しく思います。これから始まるパーティーを、どうぞお楽しみください。」
  9. 「今日は私たちの新しいスタートの日、そして皆様と一緒に過ごす大切な時間。これから始まる披露宴を、存分に楽しんでいただけますように。」
  10. 「この場所に集まってくださった皆様、心から感謝します。これから始まる披露宴が、皆様にとっても心に残る時間となることを願っています。」

結婚式のテーマとリンクさせる方法

結婚式のテーマやコンセプトにリンクした言葉を選ぶことで、オープニングムービーと披露宴が一体となり、より強い印象を残します。テーマがロマンチックなら、愛に満ちた言葉を。テーマがユーモラスなら、笑いを誘うような言葉を選ぶことがポイントです。音楽や映画を結婚披露宴のテーマやコンセプトに設定しているといったパターンでは、ユーモアのある締めくくり方も考えることができますよ。

  1. テーマ:旅行 「皆様、本日は私たちの大切な旅立ちにお越しいただき、ありがとうございます。これから始まる素敵な旅行を、一緒に楽しみましょう。」
  2. テーマ:音楽 「音楽と共に皆様をお迎えする今日、私たちの人生のシンフォニーを一緒に祝っていただけますように。」
  3. テーマ:映画 「本日は私たちのラブストーリーのプレミアにご参加いただき、ありがとうございます。これから始まるショーをお楽しみください。」
  4. テーマ:ビーチ 「今日は私たちのビーチウェディングにお越しいただき、ありがとうございます。太陽の下、素敵なパーティーを一緒に楽しみましょう。」
  5. テーマ:花 「皆様、私たちの結婚式にお花のように彩りを加えてくださり、ありがとうございます。これから始まる花咲く祝宴をお楽しみください。」
  6. テーマ:料理 「美味しい料理と共に、私たちの新しい人生のレシピを皆様と共有できることを嬉しく思います。どうぞ、ごゆっくりとお楽しみください。」
  7. テーマ:本 「私たちのラブストーリーの新たな章が始まります。皆様と一緒にこの素晴らしい物語を紡いでいけることを心から願っています。」
  8. テーマ:アート 「私たちの結婚式が、皆様にとって美しいアートのように心に残るものになりますように。今から始まる披露宴をお楽しみください。」
  9. テーマ:ダンス 「皆様、今日は私たちの人生のダンスに参加いただき、心から感謝いたします。これから始まるパーティーを踊りながらお楽しみください。」
  10. テーマ:ファンタジー 「皆様が集まってくださったおかげで、私たちの夢が現実になりました。この魔法のような時間を一緒にお楽しみいただけますように。」

結婚式のオープニングムービーの最後の言葉の具体例:クラシックな言葉

「今日はここに集まってくださった皆さんと共に、新たな門出を祝うこの一日を心から楽しむことを誓います。」これは、一例ですが、結婚式のクラシックな雰囲気にマッチする最後の言葉です。

最後の言葉の具体例:ユーモラスな言葉

「これから始まるパーティー、笑いあり、涙ありのドラマが繰り広げられます。皆さん、ハンカチとお笑いセンスはお忘れなく!」ユーモラスなムードを演出したい場合、こんな風にリラックス感とユーモスを取り入れると良いでしょう。

最後の言葉の具体例:感動的な言葉

「皆様と共に紡ぎ出す、この一日が、私たちの新たな人生の最初の一ページとなりますように。」感動を呼び起こすような最後の言葉は、ゲストの心を揺さぶります。

  1. 「今日ここに皆様がいらっしゃること、その一瞬一瞬が私たちにとって、一生の宝物です。心から感謝申し上げます。」
  2. 「私たちの新しい門出を見守ってくださる皆様の温かさに心から感謝しています。皆様のおかげで、今日は私たちの人生で最も幸せな一日となります。」
  3. 「今、私たちが立っているこの場所、それは皆様の支えと愛情があってこそです。この深い感謝の気持ちを忘れることはありません。」
  4. 「この日を迎えるためには、皆様からの多くの愛と助けが必要でした。心から感謝しています。これから始まる新たな人生の旅でも、ずっとその思いを胸に刻んでいきます。」
  5. 「皆様からの暖かな祝福と笑顔に触れ、私たちは本当に幸せ者だと実感しています。この場にいる皆様に心から感謝申し上げます。」
  6. 「私たちがここに立つことができるのは、皆様の支えと愛情のおかげです。この深い感謝の気持ちを、今日という特別な日に全ての方々に伝えたいと思います。」
  7. 「皆様が私たちの幸せを共有してくださり、私たちの新たな人生の旅に同行してくださることに深く感謝します。皆様の愛が私たちの未来を照らしています。」
  8. 「この日を迎えるまでに皆様から頂いた助けと愛に、心から感謝申し上げます。皆様がいなければ、私たちは今日、ここには立っていないでしょう。」
  9. 「皆様の存在が、私たちの人生を豊かで美しいものにしてくれます。この感謝の気持ちを、言葉にできるほど大きいものには言い表せません。」
  10. 「皆様の暖かい祝福と共に、私たちの新しい旅が今、始まります。私たちがここに立つことができるのは、皆様の温かい支えのおかげです。」

最後の言葉の具体例:オリジナルな言葉

「私たちの夢が詰まったこの一日が、皆さんにとっても特別な一日となりますように。それでは、私たちのロマンチックな冒険の始まり、始まり!」オリジナリティあふれる最後の言葉は、新郎新婦の個性をより強く表現することができます。

コンクルージョン:あなたの結婚式、あなたのオープニングムービー

オープニングムービーの最後の言葉は、あなた自身の感情や人生観を表現する大切な機会です。それぞれの言葉が、新郎新婦の個性と結婚式のテーマを反映するように選んでください。

自分たちらしさを表現する最後の言葉の選び方

自分たちらしさを表現する最後の言葉を選ぶためには、まず自分たちの価値観や感情、そして結婚式のテーマを明確に理解することが重要です。その上で、それらを表現できるような言葉を選ぶと良いでしょう。

最後の言葉で始まる、素敵な結婚式のスタートを

最後の言葉は、オープニングムービーを締めくくるだけでなく、披露宴の始まりを告げる一言でもあります。自分たちの想いを込めた最後の言葉で、ゲストを笑顔にし、一緒に素敵な結婚式をスタートさせましょう。

まとめ

これまでにご紹介したように、結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の物語を伝え、披露宴の雰囲気を盛り上げる役割を果たします。最後の言葉はその締めくくりとなる重要な部分で、お二人のメッセージを伝える場でもあります。思い出深い一日をスタートさせるためにも、オープニングムービーを上手に活用しましょう。何よりも大切なのは、お二人らしさを表現すること。これからの新たなスタートに向けて、素敵な一日を迎えられますように。

Q&A

Q1: 結婚式のオープニングムービーで大切なことは何ですか?

A1: 結婚式のオープニングムービーでは、新郎新婦の物語や想いを伝えることが大切です。また、ゲストに向けたメッセージを伝える役割も果たします。

Q2: オープニングムービーの最後の言葉に何を入れればいいですか?

A2: 最後の言葉はお二人のメッセージを伝える場所です。感謝の気持ちや、これからの未来への想いを込めてみてください。

Q3: 初心者でもオープニングムービーを作れますか?

A3: はい、テンプレートを利用すれば初心者でも簡単にオープニングムービーを作ることが可能です。写真やコメントを差し替えるだけで、あなただけのムービーが完成します。

オープニングムービーの最後はコメントで締めくくる

オープニングムービーを入場の演出ととらえると、カウントダウンや入場をアナウンスするコメントを締めとしてオープニングムービーを締めくくる事が出来ます。入場をメインとして考えていく場合には、最後にカメラの用意や拍手を面白楽しく促してみたりと新郎新婦様が目指したい雰囲気に合わせてコメントを選んでいく事が出来ます。これ以外のパターンとしてオープニングムービーの上映タイミングで、新郎新婦の生い立ちを紹介するようなプロフィールムービーにも似たムービーを上映される新郎新婦様もおられます。二人の紹介をメインとして構成していくタイプのオープニングムービーの場合には、最後に「こんな私達ですが本日はどうぞ宜しくお願い致します」とった挨拶の言葉が締めとしてふさわしくなってくるでしょう。自分たちが作るオープニングムービーがどのような構成であって、その後に続く入場シーンの演出の雰囲気やBGMがどのようなタイプのものなのかによっても締めのコメントは様々変わってきます。オープニングムービーの締めのコメントの部分は、それらの演出意図がはっきりしていればいるほど決めやすくなるので、是非自分たちの結婚披露宴の進行表やBGM選曲を今一度確認してみましょう。新郎新婦さまお二人の意見が1つに完全にまとまるというのは少し難しいかもしれませんが、二人で相談しながら決めていかれることをお勧めします。オープニングムービーの締めのコメントも頭を悩ますポイントの1つですが、しっかり考えられたコメントはしっかりゲストの心に刺さるはずですので頑張って考えていきましょう。
すばらしい結婚式の入場シーンになるといいですね。

他にもおすすめのオープニングムービーテンプレート

写真とコメントを自由に差し替えるだけで完成!無料会員登録後からダウンロードできます。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation