• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式で新郎新婦の生い立ちや人柄を紹介するプロフィールムービーは、ゲストに感動を与えるために欠かせない要素のひとつです。しかし、どんな曲を選んだら良いかがなかなか決まらず、悩んでしまう新郎新婦も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではプロフィールムービーの曲選びに役立つ情報を紹介していきます。それではさっそく見ていきましょう!

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

どんな曲がおすすめなのかな

先生の見解

いろいろなジャンルからおすすめ曲を紹介するから、きっとお気に入りの1曲が見つかるはずよ!

人気のプロフィールムービーテンプレート

先生の見解

まずは無料ダウンロード!差し替えるだけでプロ級ムービーが完成です。パワーポイントには出来ない高度な映像表現が作れますよ!

プロフィールムービーでの曲選びの重要性

プロフィールムービーで使う曲は、新郎新婦の思い出を彩るだけでなく、ゲストにも感動を与える効果があります。選ぶ曲によってムービーの印象が大きく変わるため、自分たちの好みや雰囲気に合った曲を選ぶことが大切です。

先生の見解

曲選びはムービーの印象を左右するから、慎重に選ぼうね!

おすすめの結婚式プロフィールムービー

まずは、初心者の方でも写真やコメントを入れるだけで簡単に作ることができるプロフィールムービー用のテンプレートを紹介します。これらのテンプレートを利用すれば、手軽に素敵なプロフィールムービーが作成できますよ。

先生の見解

写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるプロフィールムービーですよ

ジャンル別おすすめ曲

それでは、さまざまなジャンルのおすすめ曲を紹介していきます。それぞれのジャンルに合った曲を選ぶことで、プロフィールムービーがさらに引き立ちます。どんな曲が自分たちにぴったりなのか、参考にしてみてくださいね。

ポップス

ポップスは幅広い年齢層に親しまれるジャンルで、結婚式のプロフィールムービーにもぴったりです。歌詞が切ない恋愛ソングや、元気になれるアップテンポな曲など、バリエーション豊かなので、自分たちの雰囲気や好みに合わせて選ぶことができます。

クラシック

クラシックは格式高い雰囲気を演出できるので、上品で落ち着いた結婚式にぴったりです。有名な曲から、少しマイナーなものまで幅広く選ぶことができ、自分たちの好みに合わせて選べます。

先生の見解

クラシックは上品で落ち着いた雰囲気が魅力だね

洋楽

洋楽は幅広いジャンルがあり、ロックやポップス、R&Bなど自分たちの好みに合わせて選べます。また、洋楽の場合、歌詞の意味が分かりにくいため、曲の雰囲気だけで選ぶことができます。海外アーティストのヒット曲を使うことで、オシャレな印象のプロフィールムービーが作れますよ。

J-POP

J-POPは日本のポップス音楽のことで、幅広い年齢層に親しまれています。歌詞が日本語なので、ゲストにも伝わりやすく、感動を与えることができます。また、多くの有名アーティストがいるので、自分たちの好きなアーティストの曲を選ぶことができます。

【J-POPのおすすめ曲】

福山雅治 – 「桜坂」

春の訪れを感じさせる、やさしいメロディの「桜坂」。新しい門出にふさわしい、心温まる一曲です。

Mr.Children – 「未来予想図II」

歌詞に込められた希望と未来への期待が胸に響く「未来予想図II」。新郎新婦のこれからを祝福するメッセージが詰まっています。

YUI – 「Good-bye days」

切なくも前向きな歌詞と心地よいメロディの「Good-bye days」は、新たな人生のスタートを感じさせる曲です。

いきものがかり – 「ありがとう」

感謝の気持ちが溢れる「ありがとう」は、周りの人々への感謝を伝えるのにぴったりな選曲です。

【洋楽ポップスのおすすめ曲】

Ed Sheeran – 「Thinking Out Loud」

ロマンチックな歌詞とメロディが印象的な「Thinking Out Loud」は、結婚式での感動的なシーンにぴったりです。

Bruno Mars – 「Marry You」

明るくてポップな「Marry You」は、結婚式場全体を盛り上げるのに最適な選曲です。

Jason Mraz – 「I’m Yours」

心地良いリズムと、愛する人への気持ちが込められた「I’m Yours」は、結婚式での素敵な思い出になるでしょう。

Christina Perri – 「A Thousand Years」

永遠の愛を誓う美しいバラード「A Thousand Years」は、感動的なプロフィールムービーにぴったりな曲です。

【クラシックのおすすめ曲】

プッチーニ – 「オー・ミオ・バビーノ・カーロ」

オペラからの名曲「オー・ミオ・バビーノ・カーロ」は、上品でロマンチックな雰囲気を醸し出すクラシックの名曲です。

ヨハン・シュトラウスII – 「美しく青きドナウ」

ウィンナ・ワルツの代表曲「美しく青きドナウ」は、華やかで優雅な雰囲気が魅力的な選曲です。

チャイコフスキー – 「白鳥の湖」

美しいメロディが印象的なバレエ音楽「白鳥の湖」は、クラシックファンにも喜ばれる選曲です。

モーツァルト – 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

軽快で楽しいメロディが特徴の「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は、明るい雰囲気の結婚式にぴったりです。

【インストゥルメンタルのおすすめ曲】

Joe Hisaishi – 「風の谷のナウシカ」

ジブリ映画の名曲「風の谷のナウシカ」は、壮大な景色を連想させる素晴らしいインストゥルメンタル曲です。

Yiruma – 「River Flows in You」

美しいピアノの旋律が印象的な「River Flows in You」は、心に残るプロフィールムービーにおすすめです。

Ludovico Einaudi – 「Nuvole Bianche」

穏やかで美しいピアノ曲「Nuvole Bianche」は、感動的なムードを演出するのに最適な選曲です。

Brian Crain – 「Song for Sienna」

美しくも切ないメロディが魅力的な「Song for Sienna」は、心に残るプロフィールムービーにぴったりです。

【映画音楽のおすすめ曲】

ジョン・ウィリアムズ – 「スターウォーズのテーマ」

迫力満点の「スターウォーズのテーマ」は、映画ファンに喜ばれる選曲です。エキサイティングな雰囲気を演出するのに最適です。

Hans Zimmer – 「Time」(映画『インセプション』より)

壮大なスケール感と感動的なメロディが特徴の「Time」は、結婚式でのプロフィールムービーや入場シーンにおすすめの曲です。

エンニオ・モリコーネ – 「愛のテーマ」(映画『シネマ・パラダイソ』より)

美しい旋律が心に残る「愛のテーマ」は、ロマンチックな雰囲気を演出したい結婚式にぴったりの選曲です。

安西史孝 – 「世界の約束」(映画『ハウルの動く城』より)

幸せな気持ちを感じさせるメロディが特徴の「世界の約束」は、新郎新婦の未来を祝福する結婚式におすすめです。

まとめ

この記事では、結婚式のプロフィールムービーの曲選びに役立つ情報を紹介しました。さまざまなジャンルのおすすめ曲をご紹介させて頂きましたが、使いたくなった曲は見つかりましたか?是非、自分たちにぴったりの曲を見つけて、素敵なプロフィールムービーを作ってくださいね。

【Q&A】

Q1: 曲選びで悩んでいるのですが、どのように選べばいいですか?
A1: まずは、自分たちの好みや結婚式の雰囲気に合ったジャンルを選んで、その中から候補を絞っていくことがおすすめです。
Q2: 洋楽の曲を使いたいのですが、歌詞が分からない場合はどうすればいいですか?
A2: 歌詞が分からない場合は、曲の雰囲気やメロディーだけで選ぶことができます。また、歌詞の意味を調べて、それが自分たちに合っているか確認することもできます。

他にもおすすめのプロフィールムービーテンプレート

写真とコメントを自由に差し替えるだけで完成!無料会員登録後からダウンロードできます。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation