• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーに使える1分程度の曲を探しているという新郎新婦様はとても多くおられるようです。オープニングムービーは1分程度の短いムービーなので、BGMが途中で切れてしまわないように曲も1分程度のものを探したいと考えるのは当然ですよね。この記事では、結婚式のオープニングムービーで使える1分程度の短い曲の選び方や、ムービーの作り方について詳しくご紹介します。1分という短い時間でゲストの心に響くムービー演出を作れるように、この記事が手助けになれば幸いです。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

オープニングムービーは1分でまとめたいと考えているので、曲もやっぱり同じ程度の長さのものを探したいんです。

先生の見解

映像制作では音楽もとても大切な役割と果たしますので、最適な長さの曲を見つけるのも大切ですね。1分の曲について詳しく見ていきましょう。

結婚式とオープニングムービー:1分の重要性

結婚式の一つのハイライトと言えば、新郎新婦が初めてお互いを共有するオープニングムービー。でも、みんなが待っている新郎新婦の登場を遅らせないためには、このムービーは1分程度がちょうどいいと言われています。1分程度の短い曲についてみていきましょう。

人気のオープニングムービーテンプレート

先生の見解

まずは無料ダウンロード!差し替えるだけでプロ級ムービーが完成です。パワーポイントには出来ない高度な映像表現が作れますよ!

オープニングムービーの役割とは?

結婚式の始まりを告げるオープニングムービーは、新郎新婦のこれまでの道のりや、お二人の人となりを伝える重要な役割を担っています。さらに、ゲストの気持ちを盛り上げ、一体感を生む効果もあります。

なぜ1分のムービーが注目されるのか?

オープニングムービーが長ければ長いほど良いというわけではありません。むしろ、1分程度の短めのムービーが注目されるのは、ゲストが飽きずに最後まで楽しめるからです。また、オープニングムービーの後に待つ新郎新婦の登場シーンへスムーズに移行できるのも魅力的です。

先生の見解

1分のオープニングムービーはゲストの興奮を保ちつつ、新郎新婦の登場へスムーズにつなげるのに最適な時間です

おすすめの結婚式オープニングムービー

ここでオープニングムービー作成に困っている新郎新婦様におすすめしたいのが、このテンプレートです。これを利用すれば、初心者の方でも写真やコメントを入れるだけで簡単に素敵なオープニングムービーを作成できます。

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

このテンプレートは初心者でも、お好きな写真やコメントを入れるだけで短めのオープニングムービーが作れますよ

短めのオープニングムービーを成功させるためのポイント

1分の短さを活かしたオープニングムービーを成功させるためには、映像と曲の一体感を大切にし、効果的な演出法を取り入れることが重要です。それでは詳しく見ていきましょう。

映像と曲の一体感を大切に

映像と曲が一体となり、互いに高め合うことで強い感動を生み出します。選んだ曲に合わせて映像を編集することで、映像と曲が一体となります。具体的には、曲のリズムに合わせて映像を切り替えたり、曲の盛り上がりに合わせて映像のクライマックスを設定するなどの工夫が求められます。

先生の見解

曲と映像が一体となることで、1分でも十分に物語を伝えることが可能です

1分の短さを活かした効果的な演出法

1分のオープニングムービーは、その短さを活かした演出が求められます。特に、新郎新婦の魅力をダイレクトに伝えることが重要です。例えば、新郎新婦が手を繋いだ瞬間や、笑顔を見せているシーンなど、感動を呼ぶシーンを選びましょう。

1分の短めのオープニングムービーで使える曲のジャンル選び

オープニングムービーの曲選びは非常に重要です。音楽は感情を直接揺さぶる力があり、映像の印象を大きく左右します。ここでは、ポップス、クラシック、ジャズといった異なるジャンルから選曲のポイントをご紹介します。

ポップス

ポップスはメロディーが耳に残りやすく、聴く人の心を捉えます。特に歌詞がある曲は、そのメッセージが新郎新婦のストーリーをより深く伝えることができます。

クラシック

クラシック音楽は、その華やかさと深さで厳かな雰囲気を作り出します。結婚式のムービーに合わせやすいという利点もあります。

ジャズ

ジャズはその自由な表現力と深みが魅力。特に、楽器の音色や即興性が新郎新婦の個性を表現するのに適しています。

1分程度に上手に編集して利用する

1分で完結し、結婚式のムービーに最適な楽曲というものは実際にはほとんど存在しません。新郎新婦様がオープニングムービーを作成するときに、サビの部分だけを上手に切り取ったりするなどして上手に1分程度に編集する必要があります。結婚式で1分程度の曲を選び、映像演出に利用するための手順や注意点を以下に説明します。
  1. 曲の選択: まず、1分程度の長さに切り取りたい曲を選びます。長い曲からセクションを選んで切り取ることもできますし、曲自体が1分程度の長さのものを選ぶこともできます。
  2. 音源の編集: 選んだ曲の音源を編集するために、音楽編集ソフトウェアを使用します。初心者の方には使いやすいオーディオ編集ソフトウェア(例: Audacity)がおすすめです。ソフトウェアをインストールし、曲を開いて編集画面に移動します。
  3. インポートとトリミング: 音楽編集ソフトウェアで、選んだ曲をインポートします。曲の始まりと終わりの部分をトリミングし、1分程度に切り取ります。ソフトウェアによっては、選択範囲を表示したり、時間制約を設定する機能があります。
  4. フェードインとフェードアウト: 曲の始まりと終わりにフェードインやフェードアウトを適用することで、音楽のなめらかな開始と終了を実現します。編集ソフトウェアには、フェードインとフェードアウトを簡単に追加できる機能がある場合があります。
  5. エクスポート: 編集が完了したら、曲をエクスポートして保存します。MP3やWAVなどの一般的な音声フォーマットを選択し、保存先を指定します。
  6. 映像演出への組み込み: 切り取った曲を映像演出に組み込むために、動画編集ソフトウェアを使用します。映像素材や写真、テキストと組み合わせて、演出のタイミングに合わせて曲を流します。

注意点:

  • 著作権に注意: 音楽の編集や映像への利用には、著作権の規則に従う必要があります。商用利用やパブリックなイベントで使用する場合は、著作権者の許可が必要です。クリエイティブ・コモンズやロイヤリティフリーの音楽を使用することも検討してください。
  • テンポやリズムの変更: 曲を1分に収めるために、テンポやリズムを変更する場合があります。しかし、楽曲の魅力や意図が損なわれないように注意しましょう。

1分程度で終わらせるオープニングムービーのおすすめBGM:ポップス編

1分の短さを活かしたオープニングムービーにおすすめのポップス曲をいくつかご紹介します。

洋楽ポップス

“All You Need Is Love” by The Beatlesや”A Thousand Years” by Christina Perriなど、メッセージ性が強く、心に残る曲が多数あります。

  1. “Happy” – Pharrell Williams (3:53)
    • YouTubeリンク: Happy
    • ファレル・ウィリアムスの陽気で明るい曲。結婚式のパーティーやレセプションで盛り上がります。
  2. “I Wanna Dance with Somebody” – Whitney Houston (4:49)
    • YouTubeリンク: I Wanna Dance with Somebody
    • ホイットニー・ヒューストンのクラシックなダンスナンバー。結婚式のパーティーで踊りたい方におすすめです。
  3. “Can’t Stop the Feeling!” – Justin Timberlake (4:46)
    • YouTubeリンク: Can’t Stop the Feeling!
    • ジャスティン・ティンバーレイクの楽しいポップソング。結婚式のダンスフロアを活気づけます。
  4. “Shut Up and Dance” – Walk the Moon (3:19)
    • YouTubeリンク: Shut Up and Dance
    • ウォーク・ザ・ムーンの陽気なポップロック曲。結婚式のパーティーで楽しい雰囲気を作り出します。
  5. “Love on Top” – Beyoncé (4:27)
    • YouTubeリンク: Love on Top
    • ビヨンセのアップビートなラブソング。結婚式のパーティーで踊りやすく、華やかな雰囲気を演出します。
  6. “Hey Ya!” – OutKast (4:09)
    • YouTubeリンク: Hey Ya!
    • アウトキャストのキャッチーな曲。結婚式のパーティーでゲストを踊らせるのに最適です。
  7. “Dancing Queen” – ABBA (3:52)
    • YouTubeリンク: Dancing Queen
    • ABBAのクラシックなダンスポップ曲。結婚式のパーティーやレセプションでみんなを踊らせるのにぴったりです。
  8. “Uptown Funk” – Mark Ronson ft. Bruno Mars (4:31)
    • YouTubeリンク: Uptown Funk
    • マーク・ロンソンとブルーノ・マーズのコラボレーション曲。結婚式のパーティーで踊りのエネルギーを高めます。
  9. “I Will Survive” – Gloria Gaynor (3:18)
    • YouTubeリンク: I Will Survive
    • グロリア・ゲイナーのダンスクラシック。結婚式のパーティーや女性の友人を祝福する場面で使用するのに適しています。
  10. “I’m a Believer” – The Monkees (2:48)
    • YouTubeリンク: I’m a Believer
    • ザ・モンキーズのポップな楽曲。結婚式のパーティーで皆を楽しませるのにピッタリの曲です。

邦楽ポップス

例えば、”365日の紙飛行機” by AKB48や”糸” by 中島みゆきなどは、歌詞のメッセージが深く、感動を誘います。

  1. “明日があるさ” – 高橋真梨子 (4:01)
    • YouTubeリンク: 明日があるさ
    • 高橋真梨子の名曲で、明るく希望に満ちた歌詞が特徴です。結婚式のセレモニーや背景音楽に適しています。
  2. “旅立ちの日に” – 西城秀樹 (3:28)
    • YouTubeリンク: 旅立ちの日に
    • 西城秀樹の力強い歌声が印象的な曲。結婚式の入場や感動的な瞬間に使用するのに適しています。
  3. “Sukiyaki” – Kyu Sakamoto (3:05)
    • YouTubeリンク: Sukiyaki
    • さだまさしの作詞、中村八大の作曲による日本の名曲。結婚式の背景音楽やファーストダンスにぴったりです。
  4. “卒業写真” – 荒井由実 (4:08)
    • YouTubeリンク: 卒業写真
    • 荒井由実(松任谷由実)の切なく美しいバラード。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間に合う曲です。
  5. “ありがとう” – いきものがかり (4:44)
    • YouTubeリンク: ありがとう
    • いきものがかりの感謝の気持ちを伝える曲。結婚式の友人へのメッセージや背景音楽に適しています。
  6. “あなたに会えてよかった” – 岡村靖幸 (4:02)
  7. “Lemon” – 米津玄師 (4:15)
    • YouTubeリンク: Lemon
    • 米津玄師の切ないバラード。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間に使用するのに適しています。
  8. “明日への扉” – I WiSH (3:50)
    • YouTubeリンク: 明日への扉
    • I WiSHの力強いメッセージが込められた楽曲。結婚式の入場や感動的な瞬間にふさわしいです。
  9. “恋におちて -Fall in love-” – 小林明子 (4:15)
    • YouTubeリンク: 恋におちて -Fall in love-
    • 小林明子のキャッチーなポップソング。結婚式のパーティーやレセプションで楽しい雰囲気を作り出します。
  10. “希望の唄” – 遊助 (4:14)
    • YouTubeリンク: 希望の唄
    • 遊助の力強いメッセージを込めた楽曲。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にぴったりです。

1分程度で終わらせるオープニングムービーのおすすめBGM:クラシック&映画編

クラシック曲も、その優雅さと深みから多くのオープニングムービーで選ばれます。

有名なクラシック曲

“結婚行進曲” by メンデルスゾーンや”Pachelbel’s Canon in D”などは、その華やかさと神聖さから結婚式によく用いられます。

  1. “Canon in D” – Johann Pachelbel (4:40)
    • YouTubeリンク: Canon in D
    • パッヘルベルの代表的な作品で、穏やかで美しいメロディが特徴です。結婚式のセレモニーやプロセッションによく使用されます。
  2. “Air on the G String” – Johann Sebastian Bach (5:20)
    • YouTubeリンク: Air on the G String
    • バッハの美しいメロディと穏やかな雰囲気が特徴の楽曲です。結婚式のセレモニーや背景音楽に適しています。
  3. “Clair de Lune” – Claude Debussy (5:18)
    • YouTubeリンク: Clair de Lune
    • ドビュッシーの印象的なピアノ曲で、優れた旋律と繊細な表現が特徴です。結婚式のセレモニーやリラックスした雰囲気の場面にぴったりです。
  4. “Wedding March” – Felix Mendelssohn (2:12)
    • YouTubeリンク: Wedding March
    • メンデルスゾーンの「婚礼の行進曲」は、結婚式のセレモニーの出入りや行進によく使用されます。華やかで喜びに満ちた雰囲気を演出します。
  5. “Ave Maria” – Franz Schubert (5:48)
    • YouTubeリンク: Ave Maria
    • シューベルトの「アヴェ・マリア」は、美しいメロディと感動的な歌詞で知られる曲です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間に適しています。
  6. “Eine Kleine Nachtmusik” – Wolfgang Amadeus Mozart (5:42)
    • YouTubeリンク: Eine Kleine Nachtmusik
    • モーツァルトの軽快な楽曲で、明るい雰囲気を持っています。結婚式の背景音楽や軽やかな雰囲気を演出する場面に適しています。
  7. “Gymnopédie No.1” – Erik Satie (3:34)
    • YouTubeリンク: Gymnopédie No.1
    • サティの美しいピアノ曲で、静かな雰囲気を醸し出します。結婚式のセレモニーやリラックスした雰囲気の場面で使用するのに適しています。
  8. “Ode to Joy” – Ludwig van Beethoven (5:45)
    • YouTubeリンク: Ode to Joy
    • ベートーヴェンの「喜びの歌」は、壮大で感動的なメロディが特徴です。結婚式のセレモニーや喜びに満ちた場面で使用されます。
  9. “Pavane” – Gabriel Fauré (6:20)
    • YouTubeリンク: Pavane
    • フォーレの美しい管弦楽曲で、優雅な雰囲気を醸し出します。結婚式のセレモニーや背景音楽にふさわしい曲です。
  10. “Jesu, Joy of Man’s Desiring” – Johann Sebastian Bach (3:29)
    • YouTubeリンク: Jesu, Joy of Man’s Desiring
    • バッハの「人々の望みの喜び」は、美しい合唱曲と穏やかなメロディが特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲としてよく使われます。

今注目の映画音楽曲

近年では、映画音楽も人気。例えば、”A River Flows In You” by Yirumaは、美しい旋律が心に響きます。

  1. “My Heart Will Go On” – Celine Dion (4:41)
    • 映画: 『タイタニック』
    • YouTubeリンク: My Heart Will Go On
    • 『タイタニック』の主題歌で、感動的なメロディと歌詞が特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間に使用するのにぴったりです。
  2. “A Whole New World” – Brad Kane and Lea Salonga (2:40)
    • 映画: 『アラジン』
    • YouTubeリンク: A Whole New World
    • 『アラジン』の主題歌で、ロマンチックな雰囲気を持つ楽曲です。結婚式のファーストダンスや特別な瞬間に適しています。
  3. “Married Life” – Michael Giacchino (4:10)
    • 映画: 『カールじいさんの空飛ぶ家』
    • YouTubeリンク: Married Life
    • 『カールじいさんの空飛ぶ家』の劇中曲で、温かく感動的なメロディが特徴です。結婚式のセレモニーや背景音楽にふさわしい曲です。
  4. “Moon River” – Audrey Hepburn (1:56)
    • 映画: 『ティファニーで朝食を』
    • YouTubeリンク: Moon River
    • 『ティファニーで朝食を』の主題歌で、美しいメロディと歌声が特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲として人気です。
  5. “Jurassic Park Theme” – John Williams (3:29)
    • 映画: 『ジュラシック・パーク』
    • YouTubeリンク: Jurassic Park Theme
    • 『ジュラシック・パーク』のテーマ曲で、壮大で感動的な楽曲です。結婚式のセレモニーや特別な瞬間に使用すると、雰囲気を一層盛り上げます。
  6. “La Vie en Rose” – Edith Piaf (3:07)
    • 映画: 『ラ・ヴィ・アン・ローズ』
    • YouTubeリンク: La Vie en Rose
    • 『ラ・ヴィ・アン・ローズ』の主題歌で、エディット・ピアフの魂を感じる歌声が特徴です。結婚式のセレモニーや背景音楽にぴったりです。
  7. “Hedwig’s Theme” – John Williams (5:09)
    • 映画: 『ハリー・ポッターシリーズ』
    • YouTubeリンク: Hedwig’s Theme
    • 『ハリー・ポッターシリーズ』のテーマ曲で、魔法的で神秘的な雰囲気を持つ楽曲です。結婚式のセレモニーやファンタジックな雰囲気の場面で使用すると良いでしょう。
  8. “Beauty and the Beast” – Angela Lansbury (3:32)
    • 映画: 『美女と野獣』
    • YouTubeリンク: Beauty and the Beast
    • 『美女と野獣』の主題歌で、ロマンチックな雰囲気と心温まる歌詞が特徴です。結婚式のファーストダンスや感動的な瞬間に適しています。
  9. “Concerning Hobbits” – Howard Shore (2:55)
    • 映画: 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
    • YouTubeリンク: Concerning Hobbits
    • 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの劇中曲で、穏やかで幸せな雰囲気を持つ楽曲です。結婚式のセレモニーや背景音楽に適しています。
  10. “The Godfather Theme” – Nino Rota (3:07)
    • 映画: 『ゴッドファーザー』
    • YouTubeリンク: The Godfather Theme
    • 『ゴッドファーザー』のテーマ曲で、荘厳で情緒的な雰囲気が特徴です。結婚式のセレモニーや背景音楽に使用すると、雰囲気を一層引き立てます。

1分程度で終わらせるオープニングムービーのおすすめBGM:ジャズ編

ジャズもまた、その自由さと独特の雰囲気から人気のジャンルです。

クラシックジャズ

“At Last” by Etta Jamesや”What a Wonderful World” by Louis Armstrongなど、ジャズのスタンダードナンバーがおすすめです。

  1. “Take the ‘A’ Train” – Duke Ellington (2:55)
    • YouTubeリンク: Take the ‘A’ Train
    • デューク・エリントンのスウィングジャズのクラシック。結婚式のパーティーやレセプションで陽気な雰囲気を作り出します。
  2. “Fly Me to the Moon” – Frank Sinatra (2:30)
    • YouTubeリンク: Fly Me to the Moon
    • フランク・シナトラのスタンダードナンバー。結婚式のファーストダンスや背景音楽にぴったりです。
  3. “Summertime” – Ella Fitzgerald & Louis Armstrong (4:58)
    • YouTubeリンク: Summertime
    • エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのデュエット曲。結婚式の背景音楽やリラックスした雰囲気の場面でお楽しみいただけます。
  4. “Autumn Leaves” – Nat King Cole (2:40)
    • YouTubeリンク: Autumn Leaves
    • ナット・キング・コールのクラシックナンバー。結婚式の背景音楽やセレモニーの演出に適しています。
  5. “It Don’t Mean a Thing (If It Ain’t Got That Swing)” – Ella Fitzgerald & Duke Ellington (2:59)
    • YouTubeリンク: It Don’t Mean a Thing
    • エラ・フィッツジェラルドとデューク・エリントンのコラボレーション曲。結婚式のパーティーで踊りやすく、陽気な雰囲気を盛り上げます。
  6. “Cheek to Cheek” – Ella Fitzgerald & Louis Armstrong (5:53)
    • YouTubeリンク: Cheek to Cheek
    • エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのデュエット曲。結婚式のダンスフロアでお楽しみいただけます。
  7. “Blue Skies” – Ella Fitzgerald (3:43)
    • YouTubeリンク: Blue Skies
    • エラ・フィッツジェラルドの明るいナンバー。結婚式のパーティーやレセプションで陽気な雰囲気を作り出します。
  8. “The Girl from Ipanema” – Stan Getz & Astrud Gilberto (2:47)
    • YouTubeリンク: The Girl from Ipanema
    • スタン・ゲッツとアストラッド・ジルベルトのボサノバ曲。結婚式の背景音楽やリラックスした雰囲気の場面でお楽しみいただけます。
  9. “Misty” – Erroll Garner (3:08)
    • YouTubeリンク: Misty
    • エロール・ガーナーの美しいピアノ曲。結婚式のセレモニーや背景音楽に適しています。
  10. “I Got Rhythm” – George Gershwin (2:59)
    • YouTubeリンク: I Got Rhythm
    • ジョージ・ガーシュウィンのスタンダードナンバー。結婚式のパーティーやレセプションで陽気な雰囲気を作り出します。

モダンジャズ

“Feels So Good” by Chuck Mangioneや”Take Five” by Dave Brubeckなど、リズミカルで楽しい雰囲気の曲も選びやすいです。

  1. “So What” – Miles Davis (9:22)
    • YouTubeリンク: So What
    • マイルス・デイヴィスのジャズスタンダード。結婚式の背景音楽やリラックスした雰囲気の場面でお楽しみいただけます。
  2. “Take Five” – The Dave Brubeck Quartet (5:24)
    • YouTubeリンク: Take Five
    • デイブ・ブルーベック・カルテットの代表曲。結婚式のパーティーやレセプションでクールな雰囲気を作り出します。
  3. “Cantaloupe Island” – Herbie Hancock (5:34)
    • YouTubeリンク: Cantaloupe Island
    • ハービー・ハンコックのモダンジャズの名曲。結婚式のパーティーや踊りの場で楽しい雰囲気を盛り上げます。
  4. “Autumn Leaves” – Cannonball Adderley (10:57)
    • YouTubeリンク: Autumn Leaves
    • キャノンボール・アダレイのジャズスタンダード。結婚式のセレモニーや背景音楽にふさわしいクールな曲です。
  5. “Footprints” – Wayne Shorter (7:26)
    • YouTubeリンク: Footprints
    • ウェイン・ショーターのモダンジャズの名曲。結婚式のパーティーや背景音楽に適しています。
  6. “Naima” – John Coltrane (4:22)
    • YouTubeリンク: Naima
    • ジョン・コルトレーンの美しいバラード。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  7. “In a Sentimental Mood” – Duke Ellington & John Coltrane (4:15)
    • YouTubeリンク: In a Sentimental Mood
    • デューク・エリントンとジョン・コルトレーンのコラボレーション曲。結婚式のセレモニーや背景音楽に適しています。
  8. “Maiden Voyage” – Herbie Hancock (7:57)
    • YouTubeリンク: Maiden Voyage
    • ハービー・ハンコックのジャズスタンダード。結婚式の背景音楽やリラックスした雰囲気の場面でお楽しみいただけます。
  9. “Giant Steps” – John Coltrane (4:43)
    • YouTubeリンク: Giant Steps
    • ジョン・コルトレーンのテクニカルな楽曲。結婚式のパーティーやレセプションでクールな雰囲気を演出します。
  10. “Watermelon Man” – Herbie Hancock (7:09)
    • YouTubeリンク: Watermelon Man
    • ハービー・ハンコックのモダンジャズの名曲。結婚式のパーティーや踊りの場で楽しい雰囲気を盛り上げます。

結婚式のオープニングムービー制作会社とのコミュニケーション方法

成功したオープニングムービーを作るためには、制作会社との適切なコミュニケーションが必要です。

1分程度の短い曲の要望を伝えるために

1分のオープニングムービーを作るためには、制作会社にその意図と目的をはっきり伝えることが重要です。希望する曲やシーン、具体的なメッセージなどを詳細に伝えましょう。

映像と曲の一体感を出すためのアイデアの提案

映像と曲の一体感を出すためには、自身のアイデアも提案してみてください。映像のシーンごとの流れや、曲のどの部分で何を見せたいかなど、具体的なイメージを伝えるとより良い作品になります。

結婚式のオープニングムービーで1分の曲を選ぶ際の最後のアドバイス

最後に、1分のオープニングムービーで曲を選ぶ際のアドバイスをいくつかご紹介しましょう。

自分たちの好きな曲を選ぶことの大切さ

曲選びで最も大切なのは、自分たちが好きで、自分たちの物語やメッセージに合った曲を選ぶことです。その曲が自分たちの気持ちを正確に表しているなら、それが最高の曲選びです。

結婚式全体との調和を考える

オープニングムービーの曲は、結婚式全体の雰囲気やテーマと調和するように選びましょう。それが一貫性を保ち、ゲストにとっても一体感のある結婚式にするための大切なポイントです。

以上のポイントを踏まえつつ、1分のオープニングムービー作りを楽しんでください。それぞれのカップルが選ぶ曲と映像は、そのカップルだけのユニークなストーリーを物語ります。ぜひ自分たちのストーリーを最高の形で表現してみてください。

まとめ

以上、結婚式のオープニングムービーで使う1分程度の短い曲の選び方や、オープニングムービーの作り方、さらにはプロに依頼する方法まで、さまざまな情報をお伝えしてきました。これらを踏まえて、あなたらしくて感動的なオープニングムービーを作ってくださいね。結婚式は一生に一度の特別な日。素敵なオープニングムービーで、ゲスト全員を感動の渦に巻き込んでください。

Q&A

Q1: 1分のオープニングムービーを作るのは難しそうだけど大丈夫?
A1: 大丈夫ですよ!専用のテンプレートを使えば、初心者でも簡単に作ることができます。

Q2: どのくらいの費用がかかるの?
A2: 自分で作る場合は、編集ソフトやテンプレートの料金、または無料のものもあります。プロに依頼する場合は、ビデオグラファーの料金が必要ですが、それぞれの価格は業者によります。

Q3: どんな曲を選んだらいいの?
A3: 結婚式の雰囲気に合う曲を選びましょう。また、歌詞が新郎新婦の想いを表現しているもの、ゲストが感動するようなメロディーの曲がおすすめです。

他にもおすすめのオープニングムービーテンプレート

写真とコメントを自由に差し替えるだけで完成!無料会員登録後からダウンロードできます。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation