• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式、それは一生に一度の特別な日。その記念すべき日を、一層印象的に彩るのがオープニングムービーです。新郎新婦の愛の物語を映像にすることで、ゲストに二人の絆をより深く感じてもらえます。しかし、オープニングムービーを自作するとなると、「映像編集なんて未経験…」「何から始めていいのか分からない…」と不安になる方も多いでしょう。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

映画みたいな雰囲気でオープニングムービーを作って、ゲストを魅了したいです!

先生の見解

映画の予告編をイメージしたり、人気の映画をモチーフにして作るパロディ系オープニングムービーは人気がありますよね。詳しくみていきましょう。

はじめに:結婚式のオープニングムービーとは?

blog_op_cinematic_temp_img_1

結婚式のオープニングムービーとは、新郎新婦の素敵なエピソードや二人の愛の歴史を映像で綴る、結婚式の始まりを飾るスペシャルな映像のことです。このオープニングムービーが上映されると、会場全体が一体感に包まれ、ゲストが二人の物語により深く感情移入し、感動的な結婚式の始まりとなります。映画のような雰囲気でオープニングムービーを作れば、ゲストにも驚きの歓声がきっとあがるはずですよ。

人気のオープニングムービーテンプレート

先生の見解

まずは無料ダウンロード!差し替えるだけでプロ級ムービーが完成です。パワーポイントには出来ない高度な映像表現が作れますよ!

映画予告編風のオープニングムービーとは?

映画予告編のような雰囲気を持ったオープニングムービーというのは、皆さんは実際に披露宴会場でご覧になったことはあるでしょうか?あおるような音楽と、3D的なタイトルやフレア系のエフェクトや効果音を多用して、荘厳で勢いや緊迫感のある入場前のビデオ演出として用いられる事があります。映像そのものの「映画っぽさ」というのは、映像以外にも効果音やBGMとの同期やナレーションの有無もかなり雰囲気に影響を与えます。そのため、個人の方が作成する映像としては映像そのもの以外の要素もかなり関係してくるので、一般的な「二人を無難に紹介するオープニングムービー」と比較すると、構成力や編集力がある程度高いものが要求される・・・ような気がしています。痛い感じになりやすい作風でもあるので、丁度良い質感を見極められる力も必要になるかもしれません。

オープニングムービーの役割と重要性

オープニングムービーは、新郎新婦の生い立ちや出会い、そしてこれまでの道のり、さらには最も大切なゲストへの感謝や歓迎のメッセージを映像として伝える重要な役割があります。また、ゲスト全員が一緒に見ることで、二人の愛を共有し、結婚式全体の雰囲気を盛り上げます。そのため、オープニングムービーは結婚式において重要な存在と言えます。

先生の見解

オープニングムービーは、新郎新婦の物語を伝え、結婚式全体の雰囲気を作り出します。

映画風オープニングムービーが選ばれる理由

映画風のオープニングムービーは、ドラマチックな演出が可能で、より感動的な物語を描くことができます。特に、お二人の出会いや経緯を映画のように描くことで、ゲストも一緒にそのストーリーに入り込むことができます。また、自分たちの好きな映画やジャンルをモチーフにすることで、オリジナリティあふれるオープニングムービーを作ることができます。

おすすめの結婚式オープニングムービー

自作のオープニングムービーに挑戦するのは素晴らしいことですが、時間や技術が足りない場合は心配ですよね。そんな方におすすめなのが、初心者でも簡単に作ることができるオープニングムービーテンプレートです。これを使えば、写真やコメントを入れるだけで、自分だけのオープニングムービーが完成します。

先生の見解

このテンプレートを使えば、誰でも簡単にオープニングムービーが作れます。写真やコメントを選ぶだけで、自分たちだけの特別な映像を作ることができますよ。

先生の見解

映画の予告編のような雰囲気でゲストを魅了しましょう。

他にもテンプレートについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしていただけます。

関連記事
結婚式動画テンプレートを使って簡単にムービーを作ろう 結婚式で使うことができる動画テンプレートというのをご存じない新郎新婦様も未だに多くおられるかもしれません。 [hukidashi_left content="結婚式の動画を作れるテンプ

テンプレートの編集方法

写真の差し替え

映画予告編風のテンプレートを展開すると、内部に写真を差し替えるためのスペースが用意されており、予め仮の写真が既に挿入されています。それらの仮の写真と、実際に使用したい写真を差し替えることで写真の置き換えは完了です。差し替えが出来ると、本編内に自動的に合成処理が行われます。

blog_op_celestial_temp_img_2

コメントの差し替え

コメントもテンプレート内に予め仮のものが挿入されています。写真の置き換えと同様にそれらもダブルクリックすることで差し替えが可能です。お好みのタイトルやコメントに入力しなおして、自分たちだけのオリジナルストーリーでオープニングムービーを自作することが出来ます。

blog_op_celestial_temp_img_3

自作のオープニングムービー作り方の基礎知識

では、そんな映画風のオープニングムービーを自作するにはどうしたらいいでしょうか?まずは必要なソフトウェアと機材、そして映像編集の基本テクニックから学んでいきましょう。また、ムービーを彩る音楽の選び方や映像素材の選び方についても触れていきます。

必要なソフトウェアと機材

自作のオープニングムービーを作るには、ビデオカメラやスマートフォン、そして動画編集ソフトが必要です。初心者でも扱いやすいソフトウェアも多くありますので、まずは自分に合ったものを見つけましょう。

映像編集の基本テクニック

映像編集は、撮影した映像を魅力的に見せるための大切なスキルです。カットのつなぎ方一つで印象は大きく変わります。基本のテクニックを身につけて、自分たちのストーリーを上手に表現しましょう。

音楽選びのポイント

音楽はムービーの雰囲気を大きく左右します。自分たちのテーマやストーリーに合った音楽を選びましょう。ただし、著作権には十分注意が必要です。

映画風のBGMがダウンロードできるサイト

  • Epidemic Sound:
    映画、テレビ番組、広告などのプロジェクト向けに音楽や効果音を提供するサービスです。
  • AudioJungle:
    映画やビデオゲーム、広告などのクリエイティブプロジェクト向けに音楽や効果音を提供するオンラインマーケットプレイスです。
  • PremiumBeat:
    映画、テレビ、広告などのプロジェクト向けに楽曲を提供するプロフェッショナルな音楽ライブラリです。
  • Artlist:
    映画制作、広告、動画プロジェクト向けに音楽を提供するサービスです。
  • Soundstripe:
    映画、ビデオ、広告制作などのプロジェクト向けに楽曲を提供するオンラインプラットフォームです。

映像素材の選び方

オープニングムービーを作るための映像素材の選び方も重要です。自分たちが撮影した映像だけでなく、ストック映像を上手に活用することで、よりプロフェッショナルな仕上がりになります。

映画風のオープニングムービーの作り方ステップバイステップ

それでは、具体的なステップバイステップの作り方を見ていきましょう。テーマとストーリーラインの決定から始めて、撮影計画、撮影、編集、そしてファイナルチェックと調整まで、一つ一つ丁寧に進めていきます。

テーマとストーリーラインの決定

まず最初に、自分たちのムービーのテーマとストーリーラインを決定します。これは二人の物語をどう描きたいのか、どんな印象をゲストに与えたいのかを具体的にする大切なステップです。

シナリオの作成とシーン分け

テーマとストーリーラインが決まったら、具体的なシナリオ作りとシーンの分け方を考えます。これにより、どのシーンで何を撮影するのか、どのようにつなげるのかが明確になります。

撮影計画とスケジューリング

撮影計画はムービー制作の成功を左右する重要なステップです。どのシーンをどの日に撮影するのか、また撮影場所や必要な機材は何かをしっかりと計画しましょう。

撮影と編集

具体的な撮影はもちろん大切ですが、その後の編集作業がムービーのクオリティを大きく左右します。撮影した映像を丁寧に編集し、自分たちのストーリーを鮮やかに描き出しましょう。

ファイナルチェックと調整

ムービーが完成したら、必ずファイナルチェックを行いましょう。音量の調整や映像の流れ、また全体のテンポ感など、細かい部分まで見直してみてください。

映画風にムービーを作成するために

映画風にオープニングムービーを作るために必要なポイントを押さえましょう。

映画の予告編っぽさに大切な要素

オープニングムービーの中で映画の予告編っぽさを演出する上でいくつか重要となる要素があります。映像も大事ではありますが、効果音やBGMの効果もとても大切です。
ただ、一口に映画の予告編とはいっても、映画にはしっとりしたものやコメディ、アクションやSF等など、様々な質感のものが存在しますので、必ずしも以下のようにはなりません。あくまでも、日本の結婚式のオープニングムービーでよく用いられる映画予告編風作品に、共通してみられる要素といったまとめです。
  • 3D的な迫力あるタイトル文字
  • シーンの早い切り替え
  • コメントだけをドーンと画面で見せるシーン
  • 迫力あるBGM
  • 迫力ある効果音
  • 迫力あるナレーション(あればより良い)

映画をそのまま使った個人作品

Youtubeなどで個人の方の作品を見ると、ディズニーのオープニングやトイストーリー、さらにはパイレーツオブカリビアンの主人公のインタビューシーンなどをそのまま使って、字幕だけを変えたような安易なパクリ作品というのがたくさん出てきます。あれは完全にNGでして、日本のウェディング業界全体に対して映画の配給会社等から改善の指示が数年前に出ています。実際に日本の結婚式会場側も個人が作成したパクリ作品の上映を断るケースが多々出てきていますので、せっかく作成しても上映がそもそも出来ないものと心得て置かれたほうが良いかも知れません。
著作権のあるBGMや映像は勝手に使ってはいけないという初歩的なルールは、個人で作成した作品だからと言っても見逃されるものではないので、個人だからパクリOKとお考えの初心者の方々は、是非ご注意ください。結婚披露宴での上映は私的利用の範囲とはみなされないので、BGM等と同様に正式に権利許諾処理が必要となります。

映画風オープニングムービーのモチーフにおすすめの映画とジャンル

映画風オープニングムービーを作る際には、参考になる映画やジャンルを探すと良いでしょう。ロマンティックな映画、アクション映画、ファンタジー映画、コメディ映画、クラシック映画など、様々な映画からヒントを得られます。

    ロマンティック映画から学ぶ

    ロマンティックな映画からは、感動的なストーリーテリングや美しいショットの撮り方を学べます。これらを参考にすることで、二人の愛情を深く伝えることができます。

    • 「ラブ・アクチュアリー」: 愛や友情を描いた群像劇で、結婚式のシーンが多くあります。
    • 「ゴースト」: 現世と死後の世界を行き来するロマンティックな物語で、幽霊との交流を結婚式の場面で描くことができます。
    • 「ノートブック」: 濃厚な恋愛物語で、結婚式のシーンやレトロな雰囲気が特徴的です。

    アクション映画から学ぶ

    アクション映画からは、迫力あるシーンの作り方や動きのあるカメラワークを学べます。これらを活用することで、エネルギッシュなムービーを作ることができます。

    • 「ミッション:インポッシブル」シリーズ: スリリングなアクションとスパイの活躍が魅力で、結婚式を舞台にした緊迫したシーンを作り出すことができます。
    • 「キル・ビル」シリーズ: クエンティン・タランティーノ監督のアクション映画で、結婚式を襲撃するシーンや戦闘シーンをパロディ化することができます。
    • 「ジョン・ウィック」シリーズ: 凄腕の殺し屋を主人公としたシリーズで、結婚式の場面にアクション要素を取り入れることができます。

    ファンタジー映画から学ぶ

    ファンタジー映画からは、独特の世界観の作り方や、視覚的な表現方法を学べます。これらを用いることで、夢のようなオープニングムービーを作り上げることができます。

    • 「ハリー・ポッター」シリーズ: 魔法学校の生徒たちの冒険を描いた作品で、結婚式に魔法や魔法生物を組み合わせることができます。
    • 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ: 壮大なファンタジー世界を舞台にした作品で、結婚式のシーンにエピックな要素を取り入れることができます。
    • 「美女と野獣」: ディズニーのアニメーション映画で、人間と魔法の世界が交差する美しい物語です。結婚式をファンタジー色豊かに描くことができます。

    コメディ映画から学ぶ

    コメディ映画からは、楽しいシーンの作り方やユーモラスな表現を学べます。これらを取り入れることで、ゲストを笑顔にするオープニングムービーを作ることができます。

    • 「ハングオーバー!シリーズ」: 酔っ払いの仲間たちが巻き起こす騒動を描いた作品で、結婚式のトラブルやユーモラスなシーンをパロディ化することができます。
    • 「ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン」: ウェディングプランナーとブライズメイドたちのドタバタを描いたコメディ映画で、結婚式の準備やトラブルに笑いを加えることができます。
    • 「ナポレオン・ダイナマイト」: 奇妙な主人公の日常生活を描いたコメディ映画で、結婚式の独特な雰囲気やキャラクターをユーモラスに再現することができます。

    クラシック映画から学ぶ

    クラシック映画からは、伝統的なカメラワークやエレガントな映像美を学べます。これらを参考にすることで、上品でスタイリッシュなムービーを作ることができます。

    • 「ゴーン・ウィズ・ザ・ウィンド」: アメリカ南部の南北戦争を背景にした歴史的な恋愛ドラマで、結婚式の華やかな場面を再現することができます。
    • 「シンデレラ」: ディズニーのアニメーション映画で、美しいプリンセスの物語です。結婚式のシーンをクラシカルでロマンティックに表現することができます。
    • 「ローマの休日」: オードリー・ヘプバーン主演の映画で、ローマでの恋愛と冒険を描いています。結婚式をエレガントで魅力的に再現することができます。

    映画風オープニングムービーの作り方で注意すべき点

    自作の映画風オープニングムービーを作る際には、いくつか注意すべき点があります。著作権について、動画の長さとテンポ、ゲストへの配慮、編集作業の時間管理など、細部まで配慮することで、完成度の高いムービーを作ることができます。

    著作権について

    ムービー制作においては著作権に十分注意しましょう。音楽や映像素材など、他人の作品を無断で使用すると違法となる可能性があります。必要なライセンスを取得するか、フリー素材を活用するようにしましょう。

    動画の長さとテンポ

    オープニングムービーの長さやテンポも重要な要素です。長すぎるとゲストの注意が逸れてしまいますし、短すぎると内容が伝わらないかもしれません。また、テンポ感が良いと全体のムードも上がります。

    客への配慮

    ゲストが楽しく視聴できるムービーを作ることが最終目標です。視聴環境や内容について、ゲストへの配慮を忘れないようにしましょう。

    先生の見解

    映画風であることにこだわりすぎてマニアックなところまで再現してみても、意外とゲストには理解できないということもありますよ。

    編集作業の時間管理

    映像編集は思っている以上に時間がかかります。完成までには時間を十分に確保し、焦らず丁寧に仕上げるようにしましょう。

    結論: 自作の映画風オープニングムービーで一生の思い出を刻む

    自作のオープニングムービーは、特別な一日をより印象的にし、一生の思い出になります。その醍醐味と一緒に、結婚式当日への期待感を高めてみてはいかがでしょうか。

    自作の醍醐味と思い出作り

    自作のオープニングムービーは、あなたた自身の想いやセンスが詰まった、とてもパーソナルな作品です。それは二人だけの特別なストーリーを物語ります。このプロセス自体がまた一つの思い出となり、結婚生活の素晴らしいスタートを切ることができます。

    迎える特別な一日への期待

    自作の映画風オープニングムービーを通じて、あなたたちの特別な一日への期待感はますます高まります。結婚式は人生の大きな節目であり、その開幕を飾るムービーはその日を一層印象深いものにするでしょう。自分たちの愛の物語を描くことで、未来への期待感と喜びが膨らみます。

    まとめ

    結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の愛の物語をゲストに伝え、結婚式全体の雰囲気を作り出す大切な要素です。映画風のムービーであれば、更にドラマチックな演出が可能です。また、初心者でもスマホと無料の編集ソフトでオープニングムービーを作ることができます。音楽選びや映像素材選びにも注意を払いましょう。そして、時間や技術が足りない場合は、おすすめのオープニングムービーテンプレートを利用すると良いでしょう。

    Q&A

    Q1. 自作のオープニングムービーを作るのに必要な時間は?
    A1. 映像の長さや編集の複雑さによりますが、一般的には数時間から数日かかることが多いです。
    Q2. 映像編集の基本テクニックを身につけるにはどうすれば良い?
    A2. 無料の映像編集ソフトウェアのチュートリアルや、オンラインの編集講座を利用すると良いでしょう。
    Q3. 著作権フリーの音楽はどこから手に入れることができますか?
    A3. インターネット上には、著作権フリーの音楽を提供しているサイトが多数存在します。ただし、使用する前にライセンスの確認を忘れずに行いましょう。

    他にもおすすめのオープニングムービーテンプレート

    写真とコメントを自由に差し替えるだけで完成!無料会員登録後からダウンロードできます。

    関連する記事

    Comments are closed.

    Post Navigation