• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚を控えた新郎新婦の皆様、そしてそんな二人を応援する友人や家族の皆様へ。結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の入場シーンを演出し、ゲストに二人の愛の物語を伝える大切なパート。そのムービーに流れる曲によって、全体の雰囲気やゲストの感動度が大きく左右されます。だからこそ、適切な曲選びがとっても重要です。この記事では「結婚式のオープニングムービーの曲選び」についてご紹介します。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

結婚式のオープニングムービーにはどんな曲を選べばいいのかな?

先生の見解

そうね、曲選びはとても大切ね。お二人の物語やムービーのテーマに合った曲を選ぶと、全体の雰囲気やゲストの感動度が大きく上がるわ。ジャンルは問わないから、あなたたちらしさを表現する曲を選んでみてはどうかしら?

オープニングムービーで流れる曲は、全体の雰囲気を作り出す大切な要素。クラシックからポップス、インストゥルメンタルまで、お二人の物語を最高に引き立てる曲を見つけることで、一生に一度の特別な日がより思い出深いものになりますよ。さあ、お二人の物語にふさわしい曲を探してみましょう。

はじめに:「結婚式のオープニングムービー」とは?

オープニングムービーは新郎新婦の入場シーンを演出するためのもので、その一部として流れる曲が大いに印象を左右します。

人気のオープニングムービーテンプレート

先生の見解

まずは無料ダウンロード!差し替えるだけでプロ級ムービーが完成です。パワーポイントには出来ない高度な映像表現が作れますよ!

オープニングムービーの役割と魅力

オープニングムービーは、新郎新婦の人生や二人の関係を描いた映像です。感動的なエピソードや愛の物語をビジュアル化することで、ゲスト全員に二人の歩みや絆を共有させ、一体感を生むのです。

先生の見解

視覚と聴覚を同時に刺激することで、ゲストの感情に深く訴えかけられますよ。

曲選びがオープニングムービーに与える影響

音楽はムービーの雰囲気を決める重要な要素。特に結婚式のオープニングムービーでは、選ばれる曲によって全体のムードやゲストの感動度が大きく左右されます。

おすすめの結婚式オープニングムービー

写真やコメントを入れ替えるだけで作れる結婚式のオープニングムービーテンプレートはもうお試しになりましたか?
インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです

結婚式のオープニングムービーに向いた曲の選び方

オープニングムービーの曲選びには、いくつかの要素を考慮する必要があります。その中でも特に重要なのが、新郎新婦の個性と物語を反映した曲選びです。お二人が好きな曲、お二人の思い出の曲、お二人が感じている感情を表現する曲…これらを選ぶことが最も大切です。

新郎新婦の好みを反映させる

まず最初に考えるべきは、あなたたち自身の音楽の好みです。お二人が共に好きなアーティストやジャンルがあるなら、それが最高の選択になるでしょう。その曲が、お二人の共有した時間や感情を表現する良い手段になります。

先生の見解

お二人のお気に入りの曲は、自然と感情を引き立てます。それがお二人の愛の物語をよりリアルに伝えることを助けますよ。

ムービーのテーマに合った曲を選ぶ

オープニングムービーにはテーマがあるでしょう。それはお二人の出会い、共に過ごした時間、絆など、さまざまな形を取る可能性があります。このテーマに合わせて、適切な曲を選ぶことは非常に重要です。例えば、お二人の関係が楽しくてフレンドリーなものであれば、アップテンポで明るい曲が適しているかもしれません。

ゲストの感動を引き出すための曲選び

もちろん、オープニングムービーはゲストに対するお二人のメッセージでもあります。だからこそ、ゲストが共感し、感動するような曲を選ぶことも大切です。心に響くメロディや歌詞がある曲を選べば、ゲストはお二人の愛の物語に深く入り込むことができるでしょう。

結婚式のオープニングムービーに人気のある曲ジャンル

さて、どのようなジャンルの曲がオープニングムービーに人気なのでしょうか。ここでは、クラシック、ポップス、インストゥルメンタルといった、結婚式のオープニングムービーによく使われる曲ジャンルをいくつかご紹介します。

クラシック音楽

クラシック音楽は、その豊富な表現力と普遍的な美しさから、オープニングムービーにぴったりです。特に、ロマンティックなピアノ曲や壮大なオーケストラの曲は、映像を一層引き立てます。

  1. ワーグナー – 結婚行進曲(「ローエングリン」より):華麗なメロディと力強さで知られ、結婚式の入場行進や退場行進によく使用されます。
  2. プロコフィエフ – ロメオとジュリエット:「愛のテーマ」は、ロマンチックな雰囲気を醸し出すために頻繁に使用されます。
  3. パッヘルベル – カノン:穏やかな響きと美しいハーモニーが、式の中で穏やかなムードを作り出すのに役立ちます。
  4. モーツァルト – 結婚ソナタ(「ソナタ第11番」より):結婚式の誓いの交換やリング交換のシーンで用いられ、モーツァルトの優美なメロディが愛の祝福を表現します。
  5. ベートーヴェン – 「喜びの歌」(第9交響曲):壮大な楽曲であり、特に祝福の瞬間や式の終わりによく使われます。
  6. ヘンデル – 王宮の火の音楽(「組曲第2番」より):華やかで祝福された雰囲気を演出するためによく用いられる曲です。
  7. ヴィヴァルディ – 春(「四季」より):爽やかな曲調で、春の訪れや新たな始まりを象徴するために人気があります。
  8. ドビュッシー – クレア・ド・ルネス(月の光):幻想的でロマンチックな雰囲気を醸し出し、結婚式のバックグラウンドミュージックとして好まれます。
  9. シューベルト – アヴェ・マリア:感動的な旋律が、挙式中や感謝の気持ちを表すために用いられます。
  10. リヒャルト・シュトラウス – こうもり序曲:明るく楽しい雰囲気を演出し、結婚式の雰囲気を盛り上げます。

ポップス

ポップスは、その親しみやすさと幅広い表現力から、オープニングムービーによく使われます。特に、心に残るメロディや歌詞があり、新郎新婦の感情を直接伝えることができます。

  1. サザンオールスターズ – 「TSUNAMI」:力強いメロディと歌詞が結婚式の盛り上がりを演出します。
  2. スピッツ – 「ロビンソン」:明るくポジティブな歌詞とメロディが、新たな一歩を踏み出すカップルにぴったりです。
  3. MISIA – 「逢いたくていま」:切ない恋心を歌ったバラードで、感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  4. 福山雅治 – 「家族になろうよ」:家族の絆や愛をテーマにした温かみのある曲で、結婚式の家族の結束を表現します。
  5. ゆず – 「夏色」:明るく楽しい雰囲気で、結婚式のパーティーシーンや幸せな瞬間にぴったりの曲です。
  6. コブクロ – 「未来」:希望や未来への期待を歌ったバラードで、新たな人生のスタートを祝福するために用いられます。
  7. 絢香 – 「三日月」:優しいメロディと心温まる歌詞が、結婚式のロマンチックな雰囲気を演出します。
  8. Mr.Children – 「365日」:日々の積み重ねや愛の大切さを歌った楽曲で、結婚式の誓いの交換などに使用されます。
  9. 宇多田ヒカル – 「First Love」:永遠の愛を歌ったバラードで、感動的な瞬間やエモーショナルなシーンにふさわしい曲です。
  10. スキマスイッチ – 「奏」:感謝や幸せを歌った楽曲で、結婚式の終わりやゲストへのメッセージとして用いられます。
先生の見解

歌詞が英語でも心に響くメロディがあれば、その曲はゲストに感動を与えることができますよ。

インストゥルメンタル

歌詞がないインストゥルメンタル音楽は、映像と自由に調和し、視覚的な物語を引き立てることができます。様々な感情を表現でき、豊かな音色が心地よい雰囲気を作り出します。

  1. エリック・サティ – 「ジムノペディ第1番」:静かで美しいピアノ曲であり、優雅な雰囲気を醸し出します。
  2. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – 「月光ソナタ」:繊細でロマンチックなピアノ曲であり、結婚式のロマンチックなシーンによく使われます。
  3. ジョヴァンニ・アルマンド・ヴィヴァルディ – 「四季」より「冬」:美しいバイオリンの旋律が冬の雰囲気を表現し、感動的な瞬間にぴったりです。
  4. フレデリック・ショパン – 「別れの曲」:切ないメロディと感傷的な雰囲気が、結婚式の感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  5. ヨハン・パッヘルベル – 「カノン・イン・D」:穏やかで美しい弦楽のハーモニーが、式典や背景音楽にぴったりです。
  6. クラウド・デブッシュ – 「月の光」:幻想的で静かなピアノ曲であり、穏やかな雰囲気を作り出します。
  7. カール・オルフ – 「カルミナ・ブラーナ」より「幸せの輪」:壮大な合唱曲であり、華やかな雰囲気を演出するのに適しています。
  8. マウリツィオ・カジャーリ – 「タイム・トラベラー」:情熱的で感動的なピアノ曲であり、結婚式の式典や入場行進によく使われます。
  9. ジャン・シベリウス – 「フィンランディア」:壮大で感動的なオーケストラ曲であり、結婚式の祝福や感謝の気持ちを表現します。
  10. ジョン・バリー – 「愛のテーマ」(映画「ロビンとマリアン」より):美しいオーケストラの旋律が、結婚式のロマンチックな瞬間にぴったりです。

 

クラシック音楽を活用したオープニングムービーの曲選び

クラシック音楽をオープニングムービーに用いるときのポイントは何でしょうか?それは、その曲が持つ雰囲気や意味を理解し、それをお二人の物語にどう組み込むかです。

人気のクラシック音楽

たとえば、チャイコフスキーの”花のワルツ”やプッチーニの”オー・ミオ・バビーノ・カーロ”など、愛や喜びを象徴するクラシック音楽は、結婚式のオープニングムービーによく使われます。これらの曲は、その美しさと感動的なメロディで、視聴者の心を捉えます。

  1. シューベルト – 「アヴェ・マリア」:美しいメロディと感傷的な歌詞が、結婚式の挙式や感謝の気持ちを表現します。
  2. モーツァルト – 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」:優雅な管弦楽の曲で、結婚式の背景音楽としてよく選ばれます。
  3. バッハ – 「ブランデンブルク協奏曲第3番」:明るく陽気な雰囲気を持ち、結婚式の祝福や喜びを表現するのにふさわしい曲です。
  4. ショパン – 「雨だれプレリュード」:独特なリズムと美しいメロディが、結婚式のロマンチックな雰囲気を演出します。
  5. プッチーニ – 「オ・マイ・バビーノ・カロ」:美しいオペラのアリアで、感動的な瞬間やゲストへのメッセージにふさわしい曲です。
  6. シュトラウス – 「美しく青きドナウ」:華やかなウォルツの曲であり、結婚式のパーティーシーンやダンスにぴったりです。
  7. グリーグ – 「朝」(「ペール・ギュント」より):明るく穏やかな雰囲気を持ち、結婚式の式典や背景音楽に適しています。
  8. ヴィヴァルディ – 「春」(「四季」より):爽やかなメロディが春の訪れを表現し、結婚式の季節感を演出します。
  9. ラヴェル – 「ボレロ」:徐々に盛り上がりを見せる壮大な楽曲であり、結婚式の大役やクライマックスの瞬間に使用されることがあります。
  10. ハンデル – 「水上の音楽」より「ホルンパイプ」:華やかで陽気な雰囲気を持ち、結婚式の退場行進やパーティーシーンに活気を与えます。

クラシック音楽が作る雰囲気

クラシック音楽は、その繊細さと深みで、特別な雰囲気を作り出します。それはまるで、お二人の愛の物語が一つのエレガントなバレエのように見えることでしょう。また、クラシック音楽は時に感動的で、時に壮大で、様々な感情を表現するのに適しています。

ポップスを活用したオープニングムービーの曲選び

次に、ポップスをオープニングムービーの音楽に使う場合のアドバイスをいくつかご紹介します。ポップスは非常に多様で、色々な表現が可能なので、その選択肢の広さを活かしてみてください。

人気のポップス

恋愛や絆、幸せな未来について歌ったポップソングは、結婚式のオープニングムービーにピッタリです。エド・シーランの”Perfect”やジョン・レジェンドの”All of Me”などの曲は、愛のメッセージを直接伝えるのに最適な選択肢と言えるでしょう。

  1. ブルーノ・マーズ – 「Just the Way You Are」:愛する人への愛と感謝を歌ったバラードで、結婚式の誓いやダンスによく選ばれます。
  2. ジョン・レジェンド – 「All of Me」:純粋な愛を歌ったバラードで、結婚式の感動的な瞬間や誓いの交換に人気があります。
  3. エド・シーラン – 「Thinking Out Loud」:ロマンチックな雰囲気を持つバラードで、結婚式のダンスや感動的なシーンにぴったりです。
  4. クリスティーナ・ペリ – 「A Thousand Years」:永遠の愛を歌ったバラードで、結婚式の誓いやエントランスによく使われます。
  5. マイケル・ブーブレ – 「Everything」:明るく陽気な雰囲気で、結婚式のパーティーシーンや楽しい瞬間にふさわしい曲です。
  6. オールディーズ – 「Can’t Help Falling in Love」:永遠の愛を歌ったクラシックな曲であり、結婚式の誓いやバックグラウンドミュージックに人気です。
  7. ホイットニー・ヒューストン – 「I Will Always Love You」:深い愛と感謝を歌ったバラードで、結婚式の感動的なシーンによく使われます。
  8. マルーン5 – 「Sugar」:軽快で楽しい雰囲気のポップソングで、結婚式のパーティーシーンやダンスに人気があります。
  9. テイラー・スウィフト – 「Love Story」:ロマンチックな雰囲気と物語性のある歌詞が特徴で、結婚式のエントランスやバックグラウンドミュージックによく選ばれます。
  10. クイーン – 「Somebody to Love」:愛を求める想いを歌ったクイーンの名曲で、結婚式のパーティーシーンや盛り上がりにぴったりです。
先生の見解

もし、お二人の共有する特別な思い出があるポップソングがあるなら、それを選ぶのも素晴らしい選択肢ですよ。

ポップスが作る雰囲気

ポップスは、その楽しさや親しみやすさで、明るく楽しい雰囲気を作り出します。また、心に残るメロディや歌詞があり、視聴者に強い印象を与えることができます。その曲がお二人の物語と一致する場合、それはより深い感動を引き出すでしょう。

インストゥルメンタルを活用したオープニングムービーの曲選び

最後に、インストゥルメンタル音楽をオープニングムービーに使う場合のポイントについて見てみましょう。インストゥルメンタル音楽は、その音楽だけで物語を語る力を持っています。

人気のインストゥルメンタル曲

インストゥルメンタル音楽は、その豊かな音色とメロディにより、視覚的な物語を引き立てる力があります。Yirumaの”Kiss the Rain”やルドヴィコ・エイナウディの”Divenire”など、美しいメロディラインが特徴的な曲は、映像と調和し、より感動的なシーンを作り出すことができます。

  1. ヨハン・パッヘルベル – 「カノン・イン・D」:穏やかで美しい弦楽のハーモニーが、式典や背景音楽にぴったりです。
  2. ジョージ・ウィンストン – 「恋人たちのワルツ」:優雅でロマンチックなピアノ曲であり、結婚式のエントランスや誓いの交換に適しています。
  3. エリック・サティ – 「ジムノペディ第1番」:静かで美しいピアノ曲であり、優雅な雰囲気を醸し出します。
  4. ジョージ・フリーデリック・ヘンデル – 「水上の音楽」より「ホルンパイプ」:華やかで陽気な雰囲気を持ち、結婚式の退場行進やパーティーシーンに活気を与えます。
  5. リヒャルト・シュトラウス – 「もののけ姫」より「アシタカとサン」:壮大で感動的なオーケストラ曲であり、結婚式の式典や感謝の気持ちを表現します。
  6. デイヴ・グルーシン – 「オン・ゴールデン・ポンド」:美しいピアノ曲であり、結婚式のバックグラウンドミュージックやムードを演出します。
  7. カール・オルフ – 「カルミナ・ブラーナ」より「幸せの輪」:壮大な合唱曲であり、華やかな雰囲気を演出するのに適しています。
  8. クラウド・デブッシー – 「月の光」:幻想的で静かなピアノ曲であり、穏やかな雰囲気を作り出します。
  9. ジャン・シベリウス – 「フィンランディア」:壮大で感動的なオーケストラ曲であり、結婚式の祝福や感謝の気持ちを表現します。
  10. マイケル・ニーマン – 「リーズンズ」:感動的で美しいピアノ曲であり、結婚式の感謝の気持ちや幸せを表現します。

インストゥルメンタルが作る雰囲気

インストゥルメンタル音楽は、その豊かな音色とメロディで、映像に深みと広がりを与えます。歌詞がないため、音楽は映像と直接調和し、それぞれのシーンの感情を強調します。それはまるで、音楽がお二人の愛の物語を静かに、しかし力強く語るようです。

特別な思い出のある曲を使う場合の注意点

特別な思い出のある曲をオープニングムービーに使用する場合には、いくつか注意点があります。

著作権について

まず一つ目は、著作権に関する問題です。あなたが使用したい曲が著作権保護されている場合、その曲を公開の場で使用するためには許可が必要になります。そのため、必ず曲の使用許可を得るか、著作権フリーの音楽を使用するようにしましょう。

先生の見解

最近では、著作権フリーの音楽を提供するサイトも増えていますので、それらの利用を検討するのも良いでしょう。

曲の長さと編集

二つ目の注意点は、曲の長さと編集です。オープニングムービーは通常数分間の長さで、それに合わせて曲も調整する必要があります。そのため、曲の一部をカットしたり、ループさせたりする編集が必要になることがあります。

先生の見解

ムービーの盛り上がりに合わせて、曲のクライマックスを調整するのも効果的な手法ですよ。

オープニングムービーに曲を合わせるためのテクニック

最後に、オープニングムービーに曲を合わせるためのテクニックについて紹介します。ここで紹介するテクニックを使えば、より一層の感動的なオープニングムービーを作ることができます。

映像と音楽のシンクロニシティ

映像と音楽の間にシンクロニシティ(一致性)を持たせることは、映像をより効果的に伝えるための重要な要素です。具体的には、映像の変化(シーンの切り替えや動きなど)が音楽のリズムやメロディに合わせて行われると、それらは一体化し、より鮮明で印象的な体験を提供します。

曲のクライマックスを活用する

曲のクライマックス部分は、感情的なピークを作り出すために非常に重要です。映像の最も感動的な部分を曲のクライマックスに合わせることで、視聴者の感情を高め、深い印象を残すことができます。

先生の見解

曲のクライマックスを映像の絶頂点にマッチさせることで、その瞬間の感動が最大限に引き立てられます。

まとめ:あなたらしい結婚式のオープニングムービーを作るために

結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の愛の物語を視?覚的に伝え、ゲストをその特別な日の雰囲気に引き込む重要な役割を果たします。音楽はそのムービーを一層引き立て、感動を深めます。お二人の好み、ムービーのテーマ、ゲストの感情を考慮した曲選びは、印象的なオープニングムービーを作り出す鍵となります。そして、それぞれの曲が作り出す雰囲気を理解し、お二人の物語に合わせて活用することが重要です。また、特別な思い出のある曲を使用する場合や、映像に音楽を合わせるためのテクニックも忘れずに。そして何よりも、あなたたちらしい結婚式のオープニングムービーを作ることが最も重要です。一生に一度の大切な日、その始まりを飾るオープニングムービーは、あなたたち二人の愛と物語を最高の形で伝える素晴らしいツールです。これらのポイントをふまえて、あなただけの特別なオープニングムービーを作り、その日をより鮮やかに、感動的に彩ってください。

Q&A

Q1: 結婚式のオープニングムービーに使う曲のジャンルに制限はありますか?

A1: 制限はありません。クラシックからポップス、インストゥルメンタルまで、自分たちの好きな音楽、またはムービーのテーマやメッセージに合った曲を選びましょう。

Q2: 特別な思い出のある曲を使いたいのですが、著作権はどうすればいいですか?

A2: 著作権のクリアが必要な曲は公に上映する際に許諾を取る必要があります。専門の業者に相談するか、著作権フリーの音楽を利用すると良いでしょう。

Q3: 曲と映像の合わせ方に困っています。何かコツはありますか?

A3: 映像と曲は同時に進行するため、それぞれのクライマックスが重なるようにすると効果的です。また、曲の歌詞やメロディが映像のシーンとリンクすると、より感動的なムービーになります。

他にもおすすめのオープニングムービーテンプレート

写真とコメントを自由に差し替えるだけで完成!無料会員登録後からダウンロードできます。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation